歯の二大疾患の危険性

歯を失う原因は虫歯以外にもアリ!

別のページでもご説明しましたが、歯を失う原因の90パーセント以上は、虫歯(う蝕)と歯周病、この二大疾患にあります。
しかしながら、この二大疾患以外にも歯を悪くする要因があるとすれば、皆さんは何を思い浮かべますか?歯を悪くする要因は日常生活の中に潜んでいます。
まず最近、マスクのせいで見る機会が少なくなった「歯並び」も口腔内を悪くする原因の一つです。
歯並びが悪いと、むし歯の原因になる可能性があるのです。
歯のすき間や重なる部分に食べかすが歯垢(プラーク)となってこびりついてしまい、日常の歯磨きでは落としきれず虫歯となってしまいます。
また、食べかすや歯垢(プラーク)は口臭原因の一つにもなります。
虫歯のリスクを抑えたい、口臭予防をしたい方は、歯並びの悪さもしくは悪いところのケアは特に気にかけたほうがよいでしょう。

体調が悪くなる可能性もある?

先程歯並びについて触れましたが、これを機に「歯列矯正をしてみようかな」と考えている方はいらっしゃいますか?
健康な歯を保つために良い考えではありますが、歯列矯正を行う際に出る症状(頭痛や肩こり)で途中で断念してしまう人も中にはいるようです。
しかし、それらは必ずしも歯列矯正が原因では無いことを知っていますか?
治療中に何かしらの不調を感じるのは、歯が動くことで一時的に噛み合わせが変化するためだと言われています。
いつもと違う感覚をストレスに思い、それが原因で頭痛や倦怠感に繋がるケースが確認されています。
なお歯を抜けたまま放置すると、食事や発音などの機能面に問題が生じたり、見た目の問題、虫歯や歯周病から全身に菌が広がり更なる病気のリスクの増加に繋がったりするため、歯科医院に受診して今後の対応をどうすればいいかを相談してみましょう。


この
記事を
シェア

TOPへ